ワキ脱毛は痛くない!(レーザー脱毛は痛いけどさ)

ワキ脱毛を脱毛サロンで行う、それはつまり光脱毛を行うという事ですが、素朴な疑問として光脱毛は痛くないのでしょうか。いくらレーザーよりも出力が弱いからといっても毛の再生組織にダメージを与えるようなエネルギーなのですから、痛くない訳がない。そのように考える人も多いかもしれません。ましてやワキの毛は濃いです。光脱毛も毛の黒さに反応するもので、毛が濃い人ほど痛いと言われています。ですからワキを光脱毛する場合とても大きな痛みを伴うのではないかと思っている人がいても不思議な話しではないのですが、ワキ脱毛は実はあまり痛みを感じないとも言われています。
それはなぜか。濃い毛のあるワキを脱毛する際にはとても大きな痛みを伴うのではないか。そのように思っている人の方が圧倒的に多いでしょうが、実際にはそこまでではありません。中には何も痛みを感じなかったという人までいるのです。それはなぜでしょう。実はそれはワキの皮膚が柔らかいという点、さらには骨まで遠いという点が特徴として挙げられます。例えば脛。脛毛を脱毛する人も多いのですが、脛は骨がすぐの所にありますので、レーザーの出力が骨まで響いてしまうのです。そのためそれなりの痛みを伴うのです。また、お腹や陰部なども骨が遠いですが、皮膚そのものが固いですから、どうしても痛みを中に抑えてしまい、痛みを伴ってしまうのです。その点ワキは皮膚がとても柔らかいのが特徴です。そのおかげでカミソリを当てると大きなダメージが発生してしまうというデメリットがあるのですが、光脱毛に際しては実はメリットだったりします。
皮膚が柔らかいおかげで痛みが中にこもらず、逃げて行くと言われています。ですから警戒しているような痛みはほとんど無いのが実情だったりするのです。どうしても痛みがあるのだろうと思っている人が多く、本当は脱毛サロンに通いたいものの、痛みがあるのではという不安から脱毛サロンに通う事に抵抗がある方も多いようです。ですがそれは通ってみると解るのですが杞憂に終わります。「え?終わり?」といった感想を抱く人すらいますので、光脱毛、特にワキへの脱毛は他の部位に比べて負担が小さくなりがちだと言われています。痛みには個人差があるでしょうからワキが痛いという人もいるかもしれませんが、ワキ脱毛を行なった多く人がほとんど痛みを感じなかったという感想を抱いています。