ワキ毛の濃い人・薄い人。すべては遺伝で決まるという不公平な現実・・・

ワキ脱毛をしたいと思っている人は多いでしょうが、ワキ毛も様々です。濃い人もいれば薄い人もいるでしょう。その差はどのような点から生じるものなのでしょうか。これはいろいろな理由が挙げられます。まずは遺伝。親が濃い場合、大抵子どもも濃くなってしまいます。遺伝は自分自身の努力でどうにかする事が出来るものではありませんから大変な部分です。ですが、遺伝によって人間の体の情報が決められていますので、毛が濃いか薄いかも遺伝によって決められている部分がとても多いのです。
親はそこまで毛が濃い訳ではないのに自分がやたら濃い、あるいはその逆に親は濃いのに自分が薄いという事もありますが、前者の場合、祖父や祖母が毛深くてその遺伝を継いでしまったかもしれませんし、後者の場合もまた、毛の薄い遺伝子があったのかもしれません。とにかく毛の濃さは遺伝によって決められる部分がとても大きいのです。また、ホルモンバランスの問題もあります。一般的に、毛は男性ホルモンが多い人ほど濃くなると言われていますので、男性ホルモンが強いと濃くなっていきます。例えば思春期にホルモンバランスがちょっと悪くなってしまうと一気に濃くなってしまう事もありますし、その逆に薄くなってしまう事もあります。この両方に共通して言えるのは、いずれも自分自身の努力でどうにかなるものではないという点ですね。「運命」というと大袈裟かもしれませんが、生まれ持ったものが大きいのです。
ホルモンバランスの影響は成長期のライフスタイルによって左右される部分もあるのですが、これもまさか成長期にそのような事まで考えている人はいないでしょうから、仕方ない部分もあるでしょうね。また、長らく「剃ると濃くなる」と言われてきましたが、これも迷信でしかありません。成長期なんかですと今お話したようにホルモンバランスのおかげで毛が濃くなってしまう事もありますので、剃った次に生えてくる毛が濃い事もあるでしょうが、毛を剃った事が直接的な要因ではなく、ホルモンバランスなのです。また、実際濃くなって生えてきているように感じる人もいるでしょうが、剃ると毛が切り株のようになりますので、毛の表面積が広くなります。そのため、視覚的に「毛が太くなった」と思ってしまうのですが、実際には太くなったのではなく、切り株状になって毛が太く見えているだけでしかありません。