わき毛が濃い=わきがなの?

わき毛が濃いとよくワキガである!と言われることがあります。
確かに調べてみるとそういう傾向は強いみたいですね。
実際、私もワキガであると疑っていて、毛もワキに限らず全体的に濃いんですよね。

しかも片親がワキガなのでその可能性はかなり強いです。
確率論的には最低でも50%ですからね、その条件だと。
しかもそのワキガの親の親(つまりはおじいちゃん、おばあちゃん)がどちらもワキガなら、孫の私もワキガ決定です。
これは優性遺伝のせいでそうなるんですよね。
わきがなんて劣性遺伝で良いと思うのですが・・・。

そんな私なので冬でも一応、わきがクリームは鞄に忍ばせています。
決して重度のワキガではありませんがいざという時にこれが無いと不安で仕方ありませんので。

男性はペニス増大とか気になるのかな?

この前彼氏の家に行ったらまさかのサプリが机の上にありました。
彼氏も相当焦ってそのサプリを隠したので家に帰ってから調べたのですが、いわゆるペニス増大サプリってやつでした。
別にショックでもないですけどそんなん飲んで成分的に大丈夫?って心配になりましたけどね。
でも男性ってそういう分野に興味あるんですね。。。ってか彼がコンプレックスに思っているだけなのかな。
まぁ女性からしたらペニス増大サプリなんて初めて見たし、そんなの気にしなくても良いのでは?と思いますが。

ただ男性向けの美容整形外科とかクリニックって、確かにそういうジャンルのプチ整形もありますよね。
だからやっぱりニーズは昔からあるんでしょう。
特に日本人の場合は欧米人と違って短小とか言われているみたいですし。。。
ん~にしてもサプリメントごときでホントに大きくなるのかしらね~女からしたら怪しいとしか感じないんですが。

でも女性でいうところのバストアップとつながる部分があるのかな~とも思いますね。
体の一部として付いているけど、比べるならそりゃー大きいほうがより良い、モテやすい、ってことになるし。
そう考えると増大サプリも納得できるかな!

コストパフォーマンスで考えよう

ワキ毛を脱毛する際、総合的なコストパフォーマンスで考えてみる事も大切になってくるでしょうね。総合的なコストパフォーマンスとはどのような事なのか。それは言うなればお金の面だけではなく、痛みや手間なども考慮するという事です。ワキ毛を自己処理する際、毎日毎日脱毛しなければならないのですから面倒ですよね。それだけではなく、本来であればリラックス出来る時間であるお風呂の時間が苦痛の時間・ストレスの時間となってしまうのです。更にはカミソリ負けをしてしまえば一日ブルーになってしまうでしょうし、せっかく自己処理したのに剃り残しでもあればそれだけで億劫になってしまうでしょう。ですが脱毛サロンでワキ毛を脱毛すればそれら全てから解放される事になるのです。
確かに脱毛サロンでの脱毛はお金がかかりますが、毎日のように自分の時間を削っている人や、痛みを伴いながら脱毛している人にとっては、コストパフォーマンスという点で考えたらかなりお得なのではないでしょうか。脱毛サロンに通えば、脱毛サロンの時間は潰れてしまうかもしれませんが、それだけです。それ以外の毎日が快適になるのです。更には毛も薄くなって行きますから長い目で見ても、短期的な目で見ても脱毛サロンでのワキ脱毛の方がお得なものなのではないでしょうか。しかも最近では脱毛サロンが増えている事もあり、脱毛サロンの料金も全体的にかなり低下していますので、コストパフォーマンスで考えたら脱毛サロンに行くべきという結論に至るのではないでしょうか。
この前も学生時代の友達が脱毛 柏の有名店に通い出した!という情報を聞きましたが、やはりコスパで考えてもサロン>自己処理という結論になるようです。
自己処理ですと何かと大変なものですし、長い年月自己処理を繰り返していると肌にも大きな負担となってしまいます。肌が悲鳴を挙げているにも関わらず、毛を剃るために自己処理を繰り返している人も多いでしょうが、そのような人こそ脱毛サロンに通うべきでしょう。悲鳴をあげている肌が一気に健康な肌へと戻りますしね。脱毛サロンに通う事でトラブルが起きるのではないか、妙な勧誘が待っているのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、最近の脱毛サロンは営業も正常ですし、そもそも強引な勧誘を行なっているようではインターネット時代の今であればすぐに紛糾されてしまいますので、その点でも安心でしょう。毎日楽になると思えば、脱毛サロンの料金など本当に安いものでしかなく、むしろ脱毛サロンに通わないのは損とすら思うのではないでしょうかね。

やってはいけないワキ毛の自己処理

ワキ毛を自己処理している人もいるでしょう。むしろとても多いでしょうが、ワキ毛をしこ処理する場合、行ってはならない自己処理があります。それは何かといいますと、「抜く」というものです。ワキ毛に限らず、毛を抜くと体内に埋まっている部分の毛まで脱毛する事が出来ますので、黒々しさが無くなり、表面も綺麗になりますので、抜いて言える人も多いのではないでしょうか。一本一本抜くのが面倒なため、脱毛テープなどで一気に抜いているという人もいるかもしれませんが、抜くのは正直考えモノでしょうね。というのも、毛を抜くと抜いた所からの毛がしっかりと生えてくれるのかが微妙なのです。
これはワキだけではなく、毛を抜くと抜かれた部分の毛が再び生える時、皮膚の中に埋もれてしまう事があるのです。埋もれてしまった毛は当然皮膚の中で生え続ける事になります。腕や足など目立つ場所であればすぐにでも気付いて処理する事が出来るでしょう。その際にも当然皮膚を削る事になりますのでそれなりの負担を強いられる事になるのですが、ワキの毛が埋もれてしまうと自分で中々気付く事が出来ませんので、埋もれた毛に気付かず、最悪皮膚病にかかってしまうという事もありますので、毛を抜くのは控えた方が良いでしょう。何かあってからでは遅いですしね。また、最近では様々な方法の脱毛気が登場しているのですが、気を付けなければならない機器もあります。
例えば燃やすというタイプ。これは毛先を燃やす事で毛を目立たなくするという処理を施せるものなのですが、ワキに関しては正直厳しい状況になってしまう事もありますので、これも使い勝手があまり解らない時は控えた方が良いのかもしれません。ワキは肉眼で確認する事が出来ない訳ではないのですが、手や足のように生活の中で自然に視界に入ってくる部位ではありません。そのため気付いたら大変な事になってしまっているなんて事もありますので、ワキ脱毛をする際には、脱毛そのものに対して気をつけなければならないのは言うまでも無いのですが、脱毛した後は常にチェックしなければならないでしょう。自然に目に入る部位ではありませんから、違和感を覚える頃には大きな症状の一歩手前なんて事になっていたりします。そのような事にならないよう、自分で処理したら常にワキの状態には気を配っておかなければなりませんね。

ワキ毛を処理しない?あえての逆パターンww

思い切ってワキ毛を処理しないでいるという方法もあるかもしれません。ワキ脱毛をしなければ皮膚への負担なんかもなくなります。更には手間からも解放されますので、ワキ毛を処理せずに残しておくという考えもあるかもしれません。確かに欧米の女性では剃らずに残しており、しかもその残しているワキ毛を堂々と人前で見せている人もいるのです。これは正直日本人には無理なのではないでしょうか。というのも、欧米の女性の場合、毛が黒ではなく、ブロンドだったり茶色がかっていたりしますので、ワキ毛もまた、色が付いているのです。そのため、日本人が伸ばしている時特有の「汚らしさ」がないのです。
また、精神的な面も大きいでしょう。日本人は「忍耐」が美徳だったりするのですが、欧米人は良くも悪くも自己主張が強いですから、ワキ毛が見えても笑い飛ばせるメンタルがあります。ですが日本人の場合、ワキ毛が見えてしまっているとなるとどうしても気にしてしまうでしょう。ワキ毛を剃り残してしまったがために一日ブルー。そのような女性もいるのですから、日本人にはワキ毛を残すという文化はあまり似合わないのではないでしょうか。確かに残しておいた方が皮膚にも負担をかけませんし手間もかかりません。お風呂の時間も有意義に使えますから何かとメリットも多いのですが、もしも誰かに自分のワキを見られてしまった時の事を考えるとゾっとすると感じる女性もいるのではないでしょうか。ですので脱毛した方が良いのでしょうね。
先にも話したように、日本人の腋毛はどうしても黒々となってしまいますので、「汚らしいもの」のように思ってしまう部分もあるでしょう。それを「見られないように」と思ってしまう人が大半なのですから、出来れば脱毛は脱毛した方が精神的にも良いのではないでしょうか。海に行った時にワキ毛の剃り残しを自分で発見して何も出来なくなってしまうったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。肌への負担という点では自己処理は行なわない方が良いでしょう。ですがワキ毛を残したままで普段通りの生活が可能かというとそれもまた違うでしょう。そうなると脱毛サロンで皮膚に負担が出ないよう脱毛してもらうのが良いのではないでしょうか。脱毛サロンで脱毛してもらえば、毛が無くなるだけではなく、手間からも解放される事になるのですから。

ワキ毛の自己処理は面倒すぎて人生やめたくなるレベル

脱毛サロンでワキ脱毛したいと思っている人は多いでしょうが、毛云々はもちろんですが、自己処理が面倒という人も多いのではないでしょうか。確かに毛の処理というのはとても面倒なものです。何せ自分自身で行なわなければならないという点。更にはワキの毛は濃いですから、しっかりと蒸らして毛を柔らかい状態にしないとカミソリ負けして皮膚に大きな負担を与える事になってしまうのです。さらには再生能力も半端ではありませんから、毎日のようにお風呂でワキ毛を剃っているという方もおられるのではないでしょうか。お風呂の時間をもっと有意義に使いたいのに、ワキ毛の事ばかりケアしているという人もいるかもしれません。
また、ワキで厄介なのが利き腕で剃れる側は良いのですが、反対側、利き腕のワキを剃る場合、利き腕ではない腕で剃らなければなりませんから、利き腕のワキが大変な事になってしまっているという人も案外多いみたいですね。肌が割れてしまっているかのようになっている人もいるでしょう。このような苦労が自己処理の面倒な部分と言えるでしょう。また、ワキ毛の自己処理の面倒な点はまだまだあります。皮膚の状態が見え難いという点。これもとても厄介な部分と言えるでしょう。肉眼で確認するためには皮膚をいろいろと弄らなければなりませんから、案外毛の残りが見えなかったり、更には皮膚の状態を正しく把握出来なくなってしまったりするのです。実はこの点がとても厄介なのです。
鏡越しですと皮膚の状態や毛の状態を正しく把握出来なかったりします。このような点から、ワキ毛の自己処理はとにかく厄介なものなのです。そのため、出来ればワキ毛は脱毛サロンで脱毛したいと思っている人が多いのです。脱毛サロンで施術してもらえれば毛が無くなるという点はもろんですが、このような手間から解放されるという点。これが何より大きいでしょうね。毎日毎日お風呂で脱毛を行うのは精神的にも疲れが取れないものです。本来であればお風呂でリラックスして明日に備えたいのにワキ毛を剃らなければならない。おかげでリラックス出来ず、疲れも取れない。そのような状況となってしまっている人もいるのではないでしょうか。このように、毛の処理云々だけではなく、手間やストレスなど、自己処理では様々な問題が生じてしまいますので、とても厄介なものなのです。

ワキ毛の濃い人・薄い人。すべては遺伝で決まるという不公平な現実・・・

ワキ脱毛をしたいと思っている人は多いでしょうが、ワキ毛も様々です。濃い人もいれば薄い人もいるでしょう。その差はどのような点から生じるものなのでしょうか。これはいろいろな理由が挙げられます。まずは遺伝。親が濃い場合、大抵子どもも濃くなってしまいます。遺伝は自分自身の努力でどうにかする事が出来るものではありませんから大変な部分です。ですが、遺伝によって人間の体の情報が決められていますので、毛が濃いか薄いかも遺伝によって決められている部分がとても多いのです。
親はそこまで毛が濃い訳ではないのに自分がやたら濃い、あるいはその逆に親は濃いのに自分が薄いという事もありますが、前者の場合、祖父や祖母が毛深くてその遺伝を継いでしまったかもしれませんし、後者の場合もまた、毛の薄い遺伝子があったのかもしれません。とにかく毛の濃さは遺伝によって決められる部分がとても大きいのです。また、ホルモンバランスの問題もあります。一般的に、毛は男性ホルモンが多い人ほど濃くなると言われていますので、男性ホルモンが強いと濃くなっていきます。例えば思春期にホルモンバランスがちょっと悪くなってしまうと一気に濃くなってしまう事もありますし、その逆に薄くなってしまう事もあります。この両方に共通して言えるのは、いずれも自分自身の努力でどうにかなるものではないという点ですね。「運命」というと大袈裟かもしれませんが、生まれ持ったものが大きいのです。
ホルモンバランスの影響は成長期のライフスタイルによって左右される部分もあるのですが、これもまさか成長期にそのような事まで考えている人はいないでしょうから、仕方ない部分もあるでしょうね。また、長らく「剃ると濃くなる」と言われてきましたが、これも迷信でしかありません。成長期なんかですと今お話したようにホルモンバランスのおかげで毛が濃くなってしまう事もありますので、剃った次に生えてくる毛が濃い事もあるでしょうが、毛を剃った事が直接的な要因ではなく、ホルモンバランスなのです。また、実際濃くなって生えてきているように感じる人もいるでしょうが、剃ると毛が切り株のようになりますので、毛の表面積が広くなります。そのため、視覚的に「毛が太くなった」と思ってしまうのですが、実際には太くなったのではなく、切り株状になって毛が太く見えているだけでしかありません。

ワキ毛の永久脱毛は可能?

脱毛を考えている人の中には、永久脱毛出来ないかどうかを考えている人もいるのではないでしょうか。
永久脱毛、それは二度と毛が生えてこなくなるもので、毛に悩まされている人にとっては理想の脱毛と言えるのではないでしょうか。
永久脱毛を行えば二度とカミソリで脱毛する事もありませんし、毛の事を気にして何かを控えたりといった必要もなくなります。
自分自身の気遣いから「毛」が消える事になりますので、永久脱毛を考えている人も多いかと思うのですが、ワキを永久脱毛したいと思っている人もいるでしょう。
何もしなくとも常にツルツルのワキでいたい。これは誰もが思うのではないでしょうか。
数年前に神戸の三宮にいた時は、永久脱毛 神戸で調べて完璧に毛をなくしたいと本気で考えていました。
ではワキの永久脱毛は可能なのでしょうか。これは当然「可能」です。

永久脱毛は特定部位だから無理という事はありません。
ですが、永久脱毛を行いたいのであれば、それなりに期間を要するものだという事は弁えておかなければならないでしょう。
一度の脱毛で永久脱毛は無理です。

人間の表面は常に毛の30%しか生えていないとも言われています。
残りの70%は体内に眠っているものです。
これは「毛周期」と呼ぶもので、毛は生えてくる期間と抜け落ちてしまう期間とに分ける事が出来ます。
抜け落ちてしまう期間ではなく、生えてくる期間、つまりは毛が生えてくる「毛乳頭」の部分が活発になっている時にエネルギーを照射し、毛の再生活動を破壊する。
それが脱毛のメカニズムなのですが、毛周期は毛によってバラバラですので、一度のワキ脱毛で永久脱毛は不可能なのです。

部位によっても異なってきますが、ワキは濃い毛ですから、10度くらいは脱毛サロンで照射しなければ永久脱毛は出来ないのではないかと言われています。
10度というと少ないと感じるかもしれませんが、毛周期にあわせて脱毛する事になります。
仮に二ヶ月に一度脱毛していくとなれば20ヶ月かかる計算になりますよね。
このように、永久脱毛というのは一度で達成出来るものではなく、何度も何度も脱毛を行なう事で体内にある毛乳頭を全て破壊していく事です。

ですから、ワキの永久脱毛は不可能ではないのですが、それなりの期間を必要とするという点。
これが大きな特徴と言えるでしょう。
決して不可能という事ではないのですが、時間がかかりますので、初めは永久脱毛をしたいと思っていても、毛が薄くなってきたから「もうここらでいいか」と思うケースも多いようですしね。

尚誤解のないように言っておくと、光脱毛のサロンでは永久脱毛は無理ですよ。
医療脱毛系のクリニックであれば永久脱毛も可能ですが、それでも一生涯絶対にもう毛が生えないということでもありません。
これはもの凄く大事なことです。

現在は立川に住んで私ですが、そういうことは当然の理解だと思ってワキ脱毛に行っています。
正直、脱毛 立川ではそれはもうたくさんの脱毛サロンがあるわけですよね。
でも医療脱毛には負けますが痛くない、安いというメリットがあるので、その中でいかにサービスが良い脱毛サロンを選ぶか、重要ですね。

ワキ脱毛は痛くない!(レーザー脱毛は痛いけどさ)

ワキ脱毛を脱毛サロンで行う、それはつまり光脱毛を行うという事ですが、素朴な疑問として光脱毛は痛くないのでしょうか。いくらレーザーよりも出力が弱いからといっても毛の再生組織にダメージを与えるようなエネルギーなのですから、痛くない訳がない。そのように考える人も多いかもしれません。ましてやワキの毛は濃いです。光脱毛も毛の黒さに反応するもので、毛が濃い人ほど痛いと言われています。ですからワキを光脱毛する場合とても大きな痛みを伴うのではないかと思っている人がいても不思議な話しではないのですが、ワキ脱毛は実はあまり痛みを感じないとも言われています。
それはなぜか。濃い毛のあるワキを脱毛する際にはとても大きな痛みを伴うのではないか。そのように思っている人の方が圧倒的に多いでしょうが、実際にはそこまでではありません。中には何も痛みを感じなかったという人までいるのです。それはなぜでしょう。実はそれはワキの皮膚が柔らかいという点、さらには骨まで遠いという点が特徴として挙げられます。例えば脛。脛毛を脱毛する人も多いのですが、脛は骨がすぐの所にありますので、レーザーの出力が骨まで響いてしまうのです。そのためそれなりの痛みを伴うのです。また、お腹や陰部なども骨が遠いですが、皮膚そのものが固いですから、どうしても痛みを中に抑えてしまい、痛みを伴ってしまうのです。その点ワキは皮膚がとても柔らかいのが特徴です。そのおかげでカミソリを当てると大きなダメージが発生してしまうというデメリットがあるのですが、光脱毛に際しては実はメリットだったりします。
皮膚が柔らかいおかげで痛みが中にこもらず、逃げて行くと言われています。ですから警戒しているような痛みはほとんど無いのが実情だったりするのです。どうしても痛みがあるのだろうと思っている人が多く、本当は脱毛サロンに通いたいものの、痛みがあるのではという不安から脱毛サロンに通う事に抵抗がある方も多いようです。ですがそれは通ってみると解るのですが杞憂に終わります。「え?終わり?」といった感想を抱く人すらいますので、光脱毛、特にワキへの脱毛は他の部位に比べて負担が小さくなりがちだと言われています。痛みには個人差があるでしょうからワキが痛いという人もいるかもしれませんが、ワキ脱毛を行なった多く人がほとんど痛みを感じなかったという感想を抱いています。

光脱毛の仕組みについて

ワキ脱毛を提供してくれている脱毛サロンはほとんどが「光脱毛」と呼ばれている形式です。いわゆる「フラッシュ脱毛」とも言われていますが、これは一体どのようなシステムとなっているのでしょうか。本当に安全なのか疑問だという人もいるかもしれませんが、光脱毛がどのようなシステムなのかというと、光脱毛は医療機関で行なわれているレーザー脱毛と原理は同じです。レーザー脱毛は毛の根元に大きなエネルギーを照射して再生能力を弱めて行くというものです。ですがレーザーというのは医療機関でしか使用出来ないものですので、サロンなんかですと簡易的なレーザーとして「光」を照射し、脱毛するのです。
原理は同じで、毛の根元である「毛乳頭」に光を照射して毛の再生能力を弱めて行くというものです。この特徴はレーザーとほぼ同じものですが、出力という点ではレーザーの方が優れています。ですが、レーザーに比べて光の方が広範囲に渡って照射する事が出来ますので、短時間で広範囲の脱毛が可能というメリットもあります。ワキですと、両方脱毛を行なっても10分程度という速さなのです。これはレーザーには中々出来ない部分かもしれませんね。また、この特徴のおかげで光脱毛は低料金での施術が可能となっているのです。ワキだけであれば今なら数千円もかからないような脱毛サロンまで登場しているほど。
これは光脱毛の特性そのものはもちろんですが、脱毛サロンが数多く登場してきているため、価格競争が生まれているという点もあるでしょう。中には光脱毛はレーザーよりも信頼出来ないという人もいるようですが、光はレーザーより出力が低い分トラブルが起き辛いとも言われています。レーザー脱毛ですと高出力ですから、どうしても肌に焼け跡が残ってしまったりするものです。特に色白の人ですと毛の黒さのみに反応するレーザーの特性上、エネルギーが一点に集まりすぎてしまい、大きな火傷となってしまう事もあるようですが、光脱毛の場合レーザーほどの出力ではありませんからそこまでの症状にまで発展してしまう事はめったにないと言われています。脱毛は毛を無くすものですが、そのおかげで肌に大きな負担をかけてしまっては意味がありませんよね。その点光脱毛であれば肌毛の負担という点でもレーザーほどではありませんから、毛はもちろんですが、肌にも優しいのです。この特徴のおかげで光脱毛を行っている人が多いのでしょう。